年中祭事

年中祭事

歳旦祭

1月1日

新年を寿ぎ、皇室の弥栄と世界の平安、国家・国民の繁栄と安寧を祈る祭りです。

節分祭

2月立春の前日

節分とは季節の変わる時の前日を言いますが、現代では特に立春の前日をさすようになり、邪気を祓い開運を祈る行事として知られます。
当社でも、社殿にて祭典の後、神楽殿において年男・年女による豆まきが行われます。

紀元祭

2月11日 (建国記念の日)

神武天皇御即位・建国の聖業を偲び、皇室の弥栄と我が国の隆昌を祈る祭りです。

祈年祭・崇敬者大祭

2月17日

祈年祭は、私達の主食である米をはじめとする五穀の豊穣とともに、あらゆる産業の発展と国力の充実を祈る祭りです。
当社では、併せて崇敬者大祭として、崇敬会会員参列のもと、会の隆昌と会員の安寧をも祈念致します。祭典後、参列者には甘酒がふるまわれ、演芸等の清興が催されます。

夏越の大祓式 なごしのおおはらえしき

6月30日

夏越の大祓は、知らず知らずのうちに身についた罪穢れを形代に移し、心身を祓い清め、年の後半を迎える神事です。6月20日頃になると、参道に「茅の輪(ちのわ)」が設けられ、一層清らかな気持ちで参拝することができます。

例大祭 

9月第2土曜・日曜(第1土曜・第2日曜の年もあります)

例大祭は神社で最も重要かつ盛大な祭りです。
両日とも、神楽殿では里神楽が奉奏され、百軒近い露店が立ち並ぶ境内は、終日大勢の参拝者で賑います。
また、日曜日の午前は、神社神輿が神輿奉仕会会員の奉仕のもと、氏子区域を渡御します。

新嘗祭 にいなめさい

11月23日(勤労感謝の日)

新穀や白神酒を神前に供え、その年の収穫を感謝するとともに、国家・国民の繁栄と安寧を祈る祭りです。

天長祭

12月23日 (天皇誕生日)

天皇陛下に奉祝の意を表すとともに、陛下の御長寿と益々の御健康を祈る祭りです。

年越しの大祓式

12月27日

夏越の大祓式と同様、知らず知らずのうちに身についた罪穢れを形代に移し、心身を祓い清め、新年を迎える神事です。

月首祭 げっしゅさい 毎月1日
月次祭 つきなみさい 毎月15日

毎朝の日供祭(にっくさい)にて、神恩感謝と一日の平穏無事を祈念致しておりますが、特に朔日と15日は月首祭、月次祭として、皇室の弥栄と世界の平安はもとより、氏子・崇敬者の皆様の御健勝を祈念致します。